本文へ移動

ハルドックス鋼板で舟底型ダンプ荷台製作しました

2021-01-06
カテゴリ:強い鉄板,ダンプ修理

耐摩耗鋼鈑ハルドックスで作ったダンプ荷台

ダンプ荷台に耐摩耗鋼鈑ハルドックス
ダンプ荷台に耐摩耗鋼鈑ハルドックス
あけましておめでとうございます。
ようこそ山十産業
コロナ禍にめげず今年も頑張っております。

軽くて丈夫なダンプの荷台を実現するために開発された鋼板。 
弊社が25年以上前からお取引しているスウェーデンスチール社のハルドックス鋼鈑をご紹介します。
 

ダンプカーの架台のお悩み

ハルドックス荷台は軽くて丈夫
ハルドックス荷台は軽くて丈夫
ダンプカー最大の課題は
いっぱい積載して、いっぱい稼ぎたい。
品物を選ばず何でも運んで、たくさんのお客様の要望に応えたい。
想定以上にかさんでしまうダンプ荷台周りの修理費をなんとか減らしたい。
車体を軽くして 燃費を良くしたい。
掃除を楽にしたい。いつもきれいなベッセルで走行したい。
こんなさまざまな要望をハルドックスでかなえます。


軽くて丈夫な荷台ができます

根太への負担軽減
根太への負担軽減
ハルドックス450鋼鈑の強度は
普通鋼板3.5倍の強度があり、
耐摩耗性は7倍以上あります。

これで以前より薄くて軽い材料でも
ベッセルをつくることができます。

軽くて丈夫なベッセル荷台で
より多い積載ができて
メンテナンス費用も抑えられるのです。
ヘビーユーザーこそ
選ぶスウェーデン製の鋼鈑
 

数枚の鉄板で組み合わせたベッセルはあとで苦労します

よく相談にお越しになるお客様の声
1200ミリ×2400ミリや900ミリ×1800ミリの鉄板を
ベッセルに合わせ巧み切断して溶接してあるベッセル。
施工当初はいいけれど、徐々に溶接部分から亀裂がはいってきます。
強度の足りない鉄板はネタに合わせて変形してしまいます。

今回もこのケースでした。口コミで弊社を選んでいただきました。
山梨県では口コミの力は大きいですね。
ご紹介いただきましたユーザーH様 感謝申し上げます。

鉄板のさけめから侵入した砂が荷台を錆びさせる

水分を含んだ砂が荷台を錆びさせる
ライニング下に侵入した水分を含んだ砂が荷台を錆びさせる
小さな鉄板をつなぎ合わせた場合
溶接がさけると砂が内部に侵入して
錆をすすめてしまう場合があります。

ハルドックスなででは大きな板なので
シームレス(つなぎ目なし)で
ベッセルを作ることができます。
これが想定以上に
ユーザーの満足を実現します。

ハルドックスの一枚物ベッセルはいい

ハルドックス450 4ミリ施工
ハルドックス450 4ミリ施工
今回のお客様は4ミリのハルドックス450を採用いただきました。
強度は3.5倍ですので、従来の鉄板12ミリ以上を貼り付けた計算になります。
耐摩耗性は7倍以上ですので、すり減りだけを考えれば30ミリの鉄板が張ってあるのと同じです。

お客様の声でよく聴くのが、「全然へこまない 一枚物なのでひっかかるところがなく掃除がらくらく」
いちど使っていただければこの良さがわかります。
 
これだけのハイスペックなハルドックス。
スウェーデンスティール株式会社が自信をもって生産しているものを
輸入しております。まだご利用していない方、お気軽におこえかけください。
詳しくは
↑をご覧ください。
2022年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2022年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2022年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休日:日曜 祝日 隔週土曜 他
0
2
5
8
1
1
2
8
TOPへ戻る