本文へ移動

事業案内

骨材製造プラント
山十産業

理念<事業目的>

・お客様の必要とするものをつくることで、自らの技術と人間性を高める。
 ・社会と社員の為に進歩を惜しまず、愛される会社をつくる。

 

みなさんは、自分の存在理由を考えたことがあるだろうか。

自分は何のために生まれ、何のために生きているのか。
 

こんな仕事につきたい。プロスポーツ選手になってみんなを感動させたい。


 または、子供に対してこんな人になってもらいたいかを考えたことはないだろうか。

就職活動のときに、自分はどの仕事で食べていこうか。
 この仕事で社会の為に貢献したい。

多くの人は、社会の為に働き社会貢献し、社会から必要とされる人となり、
 子孫を残し、家族の繁栄を願っているのではないだろうか。

 

そういった気持や深層心理が根底にあり、
 各々が得意な技術をつかってそれを実現していくのであろう。

会社も社会から人格を与えられた団体、つまり法人とするならば上記のように
 存在理由を明確にする必要があるのではないだろうか。

 

それでは弊社の歴史の側面からその存在理由を見てみよう。



弊社は昭和40年代から重機の修繕から始まり溶接技術を習得し、
 骨材製造プラントを手掛けるようになった。


当時では溶接技術が珍しいものであった。



 日本改造論によって日本全体でセメントコンクリートやアスファルトコンクリートの需要が高まり、
重機やダンプの修繕からプラントの建設までお客様のニーズは旺盛であった。


常にお客様に必要なものを提供しつづけ、1年を通して祝日で休めるのは元日ぐらいであった。


重機や破砕機械など目新しいものだらけであったが仕事が弊社の技術を育てていった。


そして技術と経験を積み更なる顧客のニーズに、こたえられるようになった。

このことから、山十産業の経営理念<事業目的>をこう導いてみた。

 

「お客様の必要とするものをつくることで、自らの技術と人間性を高める。社会と社員の為に

進歩を惜しまず、愛される会社をつくる。」

 

たとえ技術が優れていてもそれをつくるまたはつかう人間性に問題があるなら、
 技術が優れているほど、どんな不幸がまちうけるか想像することはできない。


まずは、正しいことを誠実におこなうこと、幸せをもとめるすべての
お客様と社員とその家族に幸福をもたらすため、
 努力を惜しまないひとと会社をつくることを弊社の企業理念と考えております。

ニーズに対応する山十産業
事業案内

事業案内

株式会社山十産業は、昭和40年より建設機械の修理から始まり、現在では砕石等各種骨材プラント・リサイクルプラント建設を営業内容としています。

設計・製作・施工・メンテナンスまで一貫したサービスを提供しており、お客様の立場にたった

「スピーディ・高品質」のサービスを心がけ、お客様の発展をサポートします。

最近は、「プラスチック」「ペットボトル」「アスファルト」「コンクリート木材のリサイクル・再資源化プラント」の注文が急増しています。

資源の乏しい日本において貴重な産業となると考えています。

事業内容

○砂利・砕石プラント設計 製作 据付工事 修繕工事

○再資源化プラント設計 製作 据付工事 修繕工事
○アスファルトプラント・コンクリートバッチャープラント据付工事及び修繕工事

○コンクリートアスファルト廃材プラント 設計・製造・販売・修理

○その他各種リサイクルプラント 設計・製造・販売・修理

○ベルトコンベヤ・スクリューコンベヤ・エプロンコンベヤ等の設計・製作・据付・修繕保守
○その他各種コンベヤーの設計・製作・据付・メンテナンス
○鋼構造物(機械架台等)の設計・製作・据付工事
○各種重量物の据付工事
○重機アタッチメント修繕

〇耐摩耗鋼板 ハルドックス 製品製造販売
 ○測量

取扱機械・商品

○砕石プラント
○砂利プラント
○アスコン廃材プラント
○木材チップリサイクルプラント
○飲料容器選別プラント
○タイヤ破砕チップリサイクルプラント
○タイヤ破砕均等供給装置
○ベルトコンベヤー
○エプロンコンベヤー
○スクリューコンベヤー
○ジョークラッシャー
○インペラーブレーカー
○コーンクラッシャ
○ボールミル
○ロッドミル 
○各種破砕機 
○スクリーン
○分級機
○ゴミ取り機
○レシプロフィーダー
○電動フィーダー
○ポータブルコンベアー 

○コンベヤーベルト及びエンドレス工事
○ローラー
○プーリー 
○磁選機
○砕石砂利プラント用中古機械

〇耐摩耗鋼板 ハルドックス製品 

2021年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2021年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2022年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休日:日曜 祝日 隔週土曜 他
0
2
5
3
9
3
2
4
TOPへ戻る