本文へ移動

ダンプ荷台鉄板張替するときのポイント

2021-05-05
カテゴリ:強い鉄板,ダンプ修理,はこぶ 

ダンプ荷台の ヘコミ すり減り 穴あき でお困りの方へ

フラットゲート(エルゲート)
フラットゲート(エルゲート)

修理を依頼するときのポイント

こんにちは
鉄の加工で皆様の生活を応援する
やまじゅうの根本です。

本日はやまじゅうのダンプ荷台の問題解決について
お話させてください。

ダンプカーのオーナー様 日頃より
エンジン回り タイヤ サスペンション の足回りなど
整備を怠らず大事に使用しているのが つたわってきます。
自分の車が大好きなんだなって。

でも、ダンプカーの働けば働くほど傷んでしまうのは
荷台(ベッセル)部分です。
荷台の鉄板張替修理を依頼するときのポイントをご説明します。

ダンプ荷台のサイズ 寸法をご存じですか

フラットゲート(エルゲート)角底
フラットゲート(エルゲート)角底
✅ まずは 荷台(ベッセル)の内側寸法おしえてください。
コンベックスで ミリまたはセンチメートルで目盛りを読んでください。

ダンプ荷台の形と修理施工範囲

極度にへこんだ荷台
極度にへこんだ荷台
✅ つぎに 荷台(ベッセル)の形を教えてください
大きく分けて 角底 と 船底 に分けられます。
サイドあおりと底板が直角のものが 角底です。
サイドあおりと底板のコーナーに帯板が縁どられているものが 船底です。

✅ 施工範囲(施工箇所)は  
 底板:一番面積の広い部分です。
 サイドあおり:底板の両側の立ち上がり部分となります。
 うしろあおり:フラットゲート方式 または 上部ヒンジ 
 フロントプロテクター:キャビンの後ろ側の部分で積み荷からキャビンを守る部分
の大きく4つに分けられます。

ダンプの荷台の状態と施工方法の決め方

ハルドックス450鋼板 船底
ハルドックス450鋼板 船底
✅ つぎに荷台の状態
 荷台の鉄板の状態 
 ①ライニング材(鉄板)が張られている  
 ②ライニング材(鉄板)がはられていなく 荷台は一枚の板で構成されていて、穴があくと荷がこぼれてしまう。

✅ 施工方法
 ①張替え: 既設ライニング材があり、交換する方法
 ②貼付け: ライニング材が張られていない荷台に、新しい板を張り付ける方法
 ③完全張替: いまある鉄板を根太から切り離して撤去して、既設根太の上に鉄板を張り付ける方法

ハルドックス鋼板の板厚の決め方のポイント

ハルドックス450鋼板(上部ヒンジ 船底)
ハルドックス450鋼板(上部ヒンジ 船底)
✅ 軽くて へこみと穴あきに強いハルドックス鋼板の選び方
 □砂や砂利などバラものを運ぶ方は、3.2ミリまたは4ミリメートル
 □河川砂利原石、マルチにいろいろ運ぶ方は、4ミリまたは5ミリメートル
 □砕石場内の原石を専門に運ぶ方、6ミリまたは8ミリメートル

こんなタイプで選んでもらえるとご満足いただけると考えております。
管理人「N」の気づき 改め 山十産業のブログ 「ヤマブロ」
最新の記事
カテゴリー
過去の記事
2021年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2021年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2021年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 休日:日曜 祝日 隔週土曜 他
0
2
5
2
8
6
1
0
TOPへ戻る