本文へ移動

ミキサードラム リノベーションとは

2021-03-05
カテゴリ:ミキサー車修理
ミキサー車修理
こんにちは
土木建設材料の製造設備や車両のお手伝いをしている山十産業のブログ 
ヤマブロへ ようこそ
いつもありがとうございます。

ミキサー車(生コン車 AG車)のドラムリノベーションとは
✅ ドラムシェルの鉄板貼り替え
✅ ドラムシェルの薄くなった鉄板に鉄板の貼り付け
✅ 摩り減ったり錆びたミキシングブレードの交換
✅ ホッパーシール部の交換
✅ ホッパー 旋回シュートのライナー交換
✅ ドラムの塗装や文字入れ
などを行うことでドラム部分を再生・復活させることです。

その結果、まだまだ使える車体本体の買い替えサイクルも伸びて、企業の収益改善につながります。

ドラムシェルは なぜ回転しているのか

ミキシングブレードの交換
ミキシングブレードの交換
ドラムシェルは 生コンの輸送の際に 練りあがった生コンクリート(セメントコンクリート)の成分 セメント 砂 砂利 水が分離しないようにする為に 回転させています。

その為にシェル内部では 砂利 砂 水が 
シェル内面と擦りながら混ぜ合わされています。
この為長年使用していると 次第にすり減ってしまいます。

ドラムシェルの構造 と 貼り替えについて

ミキサー車修理
ミキサー車修理
ドラムシェルの貼り替えとは

ドラムシェルの中にはミキシングブレードがあります。
ミキシングブレードの役目は、輸送時の生コンの攪拌と荷下ろし時の生コンの排出の二つの機能があります。

このミキシングブレードも長年の利用で、ずいぶんすり減っている場合があります。そこでドラムシェルに穴があいているし、ミキシングブレードもすり減ってしまっている状態のとき、弊社ではドラムシェルの貼り替えとミキシングブレードの交換をお勧めしております。

ドラムシェルの鉄板の貼り付け

ドラムシェルの貼り付けとは
内部のミキシングブレードは比較的健全な状態で、まだ使用に耐えられる状態であることが、ポイントになります。

内部は健全で、外部のドラムシェルに穴が開き始めてしまった。パッチ当てをしてみたが次から次へと穴が開いてきて、見た目が悪い。修理費用がばかにならない。

そのようなお悩みの方へ、シェルの全体を3ミリの鉄板で覆ってしまうことが、ドラムシェルの鉄板貼り付けとなります。

ミキシングブレードの交換が必要になる原因とは

先端からすり減ったミキシングブレード
先端からすり減ったミキシングブレード
外からは見られないので、ドライバーだけが知っているミキシングブレードの状態はどうなっているでしょうか。
働けば働くほど徐々にすり減ってしまいます。

本来ブレードの先端に補強丸鋼をとりつけてあります。
これがなくなるとブレードのすり減りは急速に進んでいきます。

この写真のようにつかいこまれているケースはまれです。これは手入れが行き届いた状態で、摩り減っていったものです。

ミキシングブレード刃先先端からでなく、錆の腐食によって鉄板肉薄化が進行している場合が比較的多いのが実情です。

特にミキシングブレードにこびりついた残コンが悪さをしています。残コンとミキシングブレードの間では、鉄のイオン化が進んでブレードを溶かしてしまっている状態が進行していることが推測されます。

鉄筋コンクリートの鉄筋がさびないのに、ドラムシェルは錆びるのは、水の存在ではないでしょうか。この辺りは錆びの専門家のご意見をお待ちしております。

ミキシングブレードの交換とは

ミキシングブレードの交換
ミキシングブレードの交換
ミキシングブレードの交換とは

どのメーカーでつくられたドラムであってもオリジナルで、ミキシングブレードを製作します。

ブレード先端には、摩り減りの進行スピードを遅くするための補強丸棒を取り付けてあります。

材質はSS400 600~700Mpaのハイテン鋼板
場合によって耐候性鋼板を選択できます。
鉄板の厚さは4ミリ 6ミリ 9ミリ

ほとんどのお客様はSS400の4ミリの選択が多いです。

供給ホッパーや旋回シュートの内張ライナー

供給ホッパー内貼ライナー
供給ホッパーうちばりライナー
生コンプラントから出てくるとき、勢いよく生コンがながれでるのを受けるのが供給ホッパーです。

高い落差から落とされた生コンには、摩り減る力があります。そこでホッパー内部には、交換前提で鉄板を貼り付けてあります。

山十産業では、供給ホッパーや旋回シュートの内張ライナーの貼り付けも行っております。お気軽にお声掛けください。



オリジナルサイドバンパーやフェンダーの製作取付

オリジナルサイドバンパー
オリジナルサイドバンパー
長年の使用で ドラムシェルもすり減ったりしますが、サイドバンパーや後部フェンダーも傷んできます。ドラムシェルリノベーションのついでに、ここも直したいのニーズにお応えします。

詳しくは
をご覧ください。
2022年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2022年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2022年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休日:日曜 祝日 隔週土曜 他
0
2
5
8
1
1
2
4
TOPへ戻る